丹後里山ウォーキング 宇川の源流、「鍋淵の滝」を訪ねる



 今回の里山ウォーキングは世屋の岳山を分水嶺とする、宮津湾側とは反対の木子~弥栄を通り宇川へと流れ出る源流の「鍋淵の滝」を訪ねます。

2019517sw1.jpg


 まずは巨樹が大好きなネイチャーガイド安田氏の案内で日置の金剛心院寺にある巨樹でパワーをもらいます。

2019517sw1aa.jpg


 上世屋の棚田では田植えの準備が始まっていました。

2019517sw4.jpg


 上世屋のインスタ映えスポットと言えばここ、映画「天国はまだ遠く」で有名な、主演の加藤ローサと徳井義実がアンズの木の下で互いの思いにふけるこの場面です。

2019517sw5bb.jpg


 私が加藤ローサよ! 加藤ローサがいっぱい!

2019517sw6.jpg


 そしてもう一つ、この時期世屋の里では細川ガラシャの化身とされるガラシャ蝶(ウスバシロチョウ)がヒラヒラと優雅に舞う姿が見れます。

2019517sw7.jpg


 年一回、春から初夏にだけ見られる蝶で、半透明の羽でフワリフワリと飛ぶ姿はほんとうに優美です。

2019517sw8.jpg


 安田ガイドからの質問。 さてどちらが日本固有のタンポポの種でしょうか?

2019517sw9.jpg


 ファイナルアンサー !  古!

 左が日本固有種、右は外来のセイヨウタンポポです。 外来種は球形で種の数が多く、種子が小さく軽いので遠くまで飛び広く繁殖してゆきます。一方の固有種は半円形で種が少なく、種子は大きく重く遠くまで飛びません。こうして固有種は外来種に敗れてゆきました。(ーー;)

2019517sw10.jpg


 カギドオシ

2019517sw11.jpg


 ん~? このミヤコワスレの様な花何だっけな? そこまで出て来てるんだが??  {分かりますよくある事です}

2019517sw12.jpg


 キンポウゲ

2019517sw13.jpg


 大きくなったらキリギリス?

2019517sw14.jpg


 木子のファームペンション

2019517sw15.jpg


 「素敵だね! 泊まって見たい」

2019517sw16.jpg


 鍋淵へ向けてどんどん下って行きます。

2019517sw17.jpg


 ウズキの花がキレイ!

2019517sw18.jpg


 これは輪投げの木? 後から木が生えてきた? それにしても何でこんな所まで来てゴミ捨てるんだろー。

2019517sw19.jpg


 熊の爪痕。 熊の手ってこんなに大きいんだ!?  

2019517sw20.jpg


 さらに下ります。

2019517sw21.jpg


 マムシに注意!  ご心配なく、これはマムシグサです。

2019517sw22.jpg

 
 着きました 鍋淵の滝

2019517sw23.jpg


 大きな岩がくり抜かれて鍋のような形をしています。

2019517sw24.jpg


 お昼の楽しみは半端ない拘りのビオラビットのシェフが作ったオーガニックサンドイッチです。

2019517sw25.jpg


 コンパクトで山歩きにピッタリ。栄養バランスも考えて作られていて とても美味しいと評判。

2019517sw26.jpg


 新緑に包まれ沢のほとりで食べる昼食は最高です。

2019517sw27.jpg


 食後はお昼寝タイム (-_-)zzz  (自称、眠れる森の美女)

2019517sw28.jpg


 森の美女はどんな夢を見るのかな?

2019517sw29.jpg


 夢は流れて野山を駆け巡る

2019517sw30.jpg


 水と戯れる森の美女

2019517sw45.jpg


 近くを散策すると化石を発見!?  これって今年出来たばかりの化石じゃないの?

2019517sw31.jpg


 これは間違いなく10万年前の化石です。

2019517sw32.jpg


 魚の骨の化石も ・ ・ ・  動いている。生きた化石?  シダの影が風で揺れていました。

2019517sw33.jpg


 Tシャツの化石も発見!

2019517sw34.jpg


 今日も楽しいハイキングでした。 みなさんお疲れ様でした。

2019517sw39.jpg




丹後里山グランディングウォーキングッ! に関するお問い合わせは、オーガニックカフェ・ソフィシアの川内紀子さんまで。

22DSC_0233.jpg

 オーガニックカフェ SOPHIA  Tel 090-3162-4499









綾部・君尾山の大トチの木がスゴイ!



 すご~い! この大きさ!!

2019511to1.jpg


 大トチの木がある君尾山は綾部温泉仁王の湯から登った所にあります。

仁王門参道の下の駐車場に車を停めて、光明寺へと登りますが、5月というのに当日は初夏の陽気で、この石段を見ただけでバテバテで戦意喪失です。

2019511to2.jpg


 仁王門
2019511to3.jpg


 仁王さん鉄アレーを持って筋トレ中
2019511to4.jpg


 光明寺
2019511to5.jpg


 光明寺から先の登山道がこの木の様にグルグル回って分かり難かったです。

2019511to6.jpg


 とにかく上へ上へと登ると林道に突き当たりました。遠回りでも林道から来た方が良かったかな?

2019511to7.jpg


 新緑の中の山歩が気持ち良いです。

2019511to8.jpg


 ありました! おおー! これが大トチの木か!

2019511to9.jpg


 大きさが分からないので人物を入れてみました。

長年の風雪に耐えてきた大トチの木の中心部分は朽ち果てて無残な状態ですが、それでもなお強い生命力で生きようとしています。 
 
2019511to10.jpg


 天然のログハウスです。 天井は新緑のサンルーフ

2019511to11.jpg


 窓もあるよ

2019511to12.jpg


 内装もサイケデリックで素敵

2019511to13.jpg


 木という概念を超えた共同生命体です。

2019511to14.jpg


 この横に伸びる巨大な枝を支える力が、空洞の木の何処にあるのか不思議です。

2019511to15.jpg


 あまりもの存在感に、上から下から眺めまくりです。

2019511to16.jpg


 大トチの木越しに見える大カツラの木も迫力があります。 この谷の斜面は環境が良かったのか巨木が沢山あります。

2019511to17.jpg


 これから先、僕より長生きする事は間違いないと思うけど、頑張って生きろよと何度も木肌に触れて大トチの木の森を後にしました。

2019511to18.jpg








綾部・老富「水源の里のシャガ群生」


2019510sg2.jpg


 毎年連休が終わった頃に、綾部市老富町に群生するシャガの花がきれいに咲くので、今年も見に行きました。

2019510sg1.jpg


 ほぼ満開状態で杉林を埋め尽くすシャガの花はすごかったです。

2019510sg10.jpg


 シャガの群生もすごかったのですが、カメラマンの人数もすごかったです。

2019510sg3.jpg


 近くの花を撮るときは問題ありませんが、広範囲に撮ろうと思うと人が居ない時がシャッターチャンスになります。

2019510sg4.jpg


 普通に歩いている人が写真に入るのはそれなりに雰囲気もあっていいのですが、三脚を立てて写真撮ってる人が入るのは、何故か全体の雰囲気が壊れそうで嫌です。 それって僕だけの感覚?

2019510sg5.jpg


 それにしても思うのは、こういった有名になった撮影スポットで多いのが高級一眼レフカメラと三脚を肩に担いで写真を撮る人の多くなった事です。

2019510sg6.jpg


 僕の持っているカメラは超初心者入門用のカメラなので、そういった人に出会うと最初から見下したような顔をされます。 それって僕のひがみ根性です。

2019510sg7.jpg


 カメラの性能は置いといて、何故か綺麗な花や風景を撮っている時は楽しいです。

2019510sg8.jpg


 考えてみれば安上がりな遊びです。 一昔前ならどんな写真が撮れたか確かめるには現像してプリントしなくてはなりませんでした。写真を撮れば金が掛かりましたが今はパソコンがあれば何枚撮ってもタダです。気に入らなければ削除するだけです。

2019510sg9.jpg


 ただ最近は沢山撮り過ぎてどれが良いのか悪いのか分からなくなり、選択に困ってます。

2019510sg11.jpg


 老富へ行く途中気になっていた道路脇の民家のツツジ、帰りに寄ってみました。

2019510sg12.jpg


 レンゲツツジ(オレンジ)
民家の庭先にしては半端ない本数のレンゲツツジで、思わず見入ってしまいます。

2019510sg13.jpg


 キレンゲツツジ
家の人が中入って見て行ったらいいよと言われたので、写真撮らせてもらいました。

2019510sg14.jpg


 おまけ

2019510sg15bb.jpg


 帰り道、白い花をいっぱい咲かす大きな木を見つけたので何の木かと止まってみると、白い藤が木を覆い尽くしていました。
ものすごく良い香りを漂わせていました。止まって見て良かった(^_^)/

2019510sg16bb.jpg











記念すべき令和元年初日、5月1日 


 令和初日は「古代丹後王国はあった」の著者、伴とし子さんと娘さん家族のチャーターでファミリーフッシングです。
お孫さんもおられるので、わずか2時間の釣行です。アジが良く釣れる時期なら短時間でも何とかなるのですが、この時期、近くの漁礁ではアジがまったく釣れず何を狙うかで頭を悩ませます。

201951bt1.jpg


 アジ釣りは諦め、流し釣りでレンコ・アマダイを狙うとタイラバにレンコ鯛が掛かり何とかボーズは逃れて一安心です。

 その後もレンコやアオハタがポツポツ釣れていい感じです。

201951bt2.jpg


 その後、タイラバでは何回か当たりが有ったようですが早合わせでスッポ抜けです。「タイラバは早合わせは禁物です、とにかく巻き続けて向こうが引き込んでから合わせて下さい」という事でチャレンジしてもらうと、食べ頃サイズの美味しそうな真鯛をゲットです。

201951bt3.jpg


 ポイントまでの時間も掛かり、一瞬の釣りでしたが、皆さんに楽しんで頂いて、よい「令和」の年の始まりです。

201951bt4.jpg

201951bt5.jpg


 丹後の山々は新緑に包まれ、里では水田に水が張られ、穏やかな「令和元年」の始まりです。

令和の時代が、戦争が無く、災害の無い、良い年になりますように。m(__)m













夜久野町金尾の水仙の里

2019425s1.jpg


 新聞の地域ニュースで、福知山市夜久野町の金尾地区にある棚田に植えられた水仙が見頃を迎えているとの記事を見て、さほど遠くもないので出かけてみました。

2019425s3.jpg


 休耕田の棚田を利用して村おこしのために植えられているようです。

2019425s4.jpg


 残念なのは、獣害から守るためか周りを柵で囲って中に入って見れなかったことです。

2019425s5.jpg


 柵の隙間からパチリ

2019425s6.jpg


 興味を引いたのは 水仙よりも金尾に行く前に道路端でみた スミレやクサイチゴの群生です。

2019425s7.jpg


 トキワイカリソウ

2019425s8.jpg


 クサイチゴの群生

2019425s9.jpg


 これって、実が生る時期に来たら 採り放題・食べ放題じゃないの? (*^_^*)

2019425s10.jpg


 来る時は国道9号線から来ましたが、帰りは府道707号線を府道63号線方向へ抜けました。 この道がとんでもなく やばかったです。 (>_<)

2019425s11.jpg


 途中、「冨久貴の滝」→300mの案内板があったので立ち寄ると、なかなか立派な滝がありました。

2019425s12.jpg


 滝から先が酷い峠道です。 これって本当に京府道707号線? もしかして恐怖道707号線では ・ ・ ・

2019425s13.jpg


 こんな風にはなりたくないです。(ーー;)

2019425s14.jpg


 季節はいつの間にかボタン桜の咲く時期になっていました。

2019425s15.jpg











滝の千年ツバキ

2019423st2.jpg


  与謝野町滝にある「滝の千年ツバキ」へは「加悦椿文化資料館」から車で2~3分登った所にある「滝の千年ツバキ公園」に車を停め、ここからは徒歩で5分ほど歩きます。

2019423st1.jpg


 京都府の天然記念物に指定され、幹周り3.3m、樹高9.7m、枝張り径約100m、推定樹齢1,200年のヤブツバキの巨木です。

2019423st4.jpg


 桜はあっという間に終わりますが、ヤブツバキは3月下旬~4月下旬まで長く咲き続けます。

2019423st3.jpg


2019423st5.jpg


2019423st7.jpg


2019423st10.jpg


2019423st12.jpg


2019423st11.jpg


2019423st13.jpg


2019423st15.jpg


 桜と共に散るもよし ・ ・ ・

2019423st16.jpg









丹後里山グランディングウォーキングッ!


 昨年から続く、薪ストーブ・プラヂーナ主催の山歩きイベント、丹後里山ウォーキングッ!の名前が変わり、丹後里山グランディングウォーキングッ!となりました。 意味はさておき第8回目は、「海の京都・ご神木・巨樹めぐり」です。

 まずは宮津・喜多にある生野神社のご神木で記念撮影をして、宮津杉山林道を目指して出発です。

2019419kj1.jpg


 林道に入るといきなりミツマタの群生です。

2019419kj2.jpg


 霧にかすむミツマタも しっとりとして いい感じです。

2019419kj3.jpg


  ミツマタも終盤で色があせていますが、まだまだ楽しめます。

2019419kj4.jpg


 マンサクの花が未だに咲いている? とよく見ると花びらの数が4枚(本?) マンサクも種類があり、マルバマンサクかもしれません。

2019419kj5.jpg


 教えてもらったけど名前出て来ません。

2019419kj6.jpg


 同じ花の蕾

2019419kj7.jpg


 スミレ

2019419kj8.jpg


 お~と! トカゲの頭? に見えましたが「杉山の大蛇」の立札が ・ ・ ・ この辺の岩は、蛇紋岩が多いのでヘビになったのか

2019419kj9.jpg


 天然杉の前で記念撮影

2019419kj10.jpg


 昨年は雨予報でも晴れ間が出て晴れ女の魔力が有ったけど今年は雨、(>_<)

2019419kj11.jpg


 どうやら今日は強力な雨女が参加してるとの話で、噂では名前を忘れた花と同じ色の服を着てるらしい。

2019419kj12.jpg


 雨でもぱっと傘の花が咲ききれいです。

2019419kj13.jpg


 ムキムキの天然杉を よしよしと宥めるなおちゃん。

2019419kj14.jpg


 大っきいね~。

2019419kj15.jpg


 バンザイ杉で万歳!

2019419kj16.jpg


 マンモス杉

2019419kj17.jpg


 くものレースに雨のビーズ

2019419kj18.jpg


 君が代は苔むすまで ・ ・ ・

2019419kj19.jpg


 ガンバル杉で頑張るポーズ

2019419kj20.jpg


 変な葉っぱ。 一枚の葉だけど、二枚に見える。

2019419kj21.jpg


 ヒューガミズキ

2019419kj22.jpg


 千手観音杉

2019419kj23.jpg


 モミジの花

2019419kj24.jpg


 ヤマザクラ

2019419kj25.jpg


 美男・美女杉? こんな杉おった?

2019419kj26.jpg


 大っきな御神木! パワーが貰えそう。

2019419kj27.jpg


 川内先生、巨樹のポーズ

2019419kj28.jpg


 大っきいし、高い!

2019419kj29.jpg


 寝転んで見上げる巨樹は最高!

2019419kj30.jpg


 この花の名前もよく聞くけどね ・ ・ ・ ちょっと認知度アップ

2019419kj31.jpg


 八重桜

2019419kj32.jpg


 八重桜パート2

2019419kj33.jpg


 もしかして貴方は「やまちゃん」? 年と共に目が垂れてるよ、頭に苔生えてるし。

2019419kj34.jpg


 トキワイカリソウ

2019419kj35.jpg


 ヤマルリソウ

2019419kj36.jpg


 ヤマルリソウ

2019419kj37.jpg


 スミレ

2019419kj38.jpg


 ムラサキケマン

2019419kj39.jpg


 新種発見! ツバキノギボウシと命名。
という事でみんさん今日はおつかれさまでした。これからも地に足を付けて歩きましょう!

2019419kj40.jpg





 丹後里山グランディングウォーキングッ! に関するお問い合わせは、オーガニックカフェ・ソフィシアの川内紀子さんまで。

2019419sfa.jpg
オーガニックカフェ SOPHIA  Tel 090-3162-4499








ミツバツツジの滝上山から天橋立トレイルを歩く

2019417tg1.jpg


 満開のミツバツツジが咲く滝上山からイワカガミが咲き誇る天橋立トレイルを歩いて来ました。

    >> 詳しい登山ルートや写真はこちらから <<


2019417tg2.jpg









ボ~ッとして生きてんじゃね-よ! と叱られそうです。



 但東町チューリツプまつりの今年のフラワーアートは、ボ~ッと生きてんじゃねーよ!のチコちゃんでした。

2019416tan1.jpg


 正直、最近ボ~ッとして生きてます。 ごめんなさい。m(__)m

2019416tan2.jpg


 フラワーアートはきれいに咲いていましたが、全体的にはまだ蕾の品種も多くあり、なんとなく寂しい感じでした。

2019416tan3.jpg


 暗い色のチューリップが多かったのも寂しい感じに拍車を掛けています。
 
2019416tan4.jpg


2019416tan5.jpg


 チューリップはやっぱり、ぱっと明るくないとね!

2019416tan6.jpg


2019416tan7.jpg


2019416tan8.jpg


2019416tan9.jpg


2019416tan10.jpg


2019416tan11.jpg


 今年はインスタ映えする花の額縁や人形も設置されてなかったように思います。 それも寂しいね(>_<)

2019416tan12.jpg









雲岩寺公園のミツバツツジが見頃です。

2019415ug1.jpg


 与謝野町岩屋の雲岩寺公園では今、ミツバツツジが満開となり山肌を赤紫色に染めています。

2019415ug2.jpg


 まだ蕾も沢山あり、しばらくは花が楽しめそうです。

2019415ug3.jpg


2019415ug4.jpg


2019415ug5.jpg


 雲岩寺の山にはミツバツツジだけではなく、足元にはイワカガミの可愛い花も咲いています。

2019415ug7.jpg


 フリルの付いた女の子のスカートのような可愛い花ですね。

2019415ug8.jpg


 スカートなら下から覗くと怒られるかな?

2019415ug9.jpg


 トキワイカリソウも沢山咲いています。

2019415ug10.jpg


 船のイカリの形に見えますか?

2019415ug11.jpg


 マムシグサ
2019415ug12.jpg


 スミレ
2019415ug13.jpg


2019415ug14.jpg


2019415ug15.jpg


 桜吹雪が舞い、色々な花が咲き乱れ、一番いい季節ですね。

2019415ug16.jpg










フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん

血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg . diygardening.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
              


       
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR