DIYでアンティーク調イルミライト


 知人からアンティークな障子枠を頂いたので久しぶりにDIYです。(#^.^#)

 色和紙などを貼り合わせたり、絵柄の和紙を貼ったりもイメージしてみましたが、枠が細かすぎるので普通の和紙を貼ることに決定しました。また、バックライトもクリスマスに合わせてイルミネーションライトを使ってみました。

2019126ilm1.jpg


 障子用和紙は二種類用意し検討しました。 普通に電球なら右のほうが似合いそうですが、イルミネーションなので細かい柄の左にしました。

2019126ilm2.jpg


 和紙を貼り付けたら、イルミネーションライトのテープライトを貼り付ける枠を取り付けます。

2019126ilm3.jpg


 イルミライトが反射して少しでも明るくなるように金紙を張り付けた蓋を作ります。

2019126ilm4.jpg


 イルミネーションテープライトは両面テープが付いているので簡単に張り付けることが出来ます。

 購入したテープライトの長さは2mで枠の内周は2.5mです。少し足りませんが既製品なので仕方ありません。切断可能なので、今から思えば3mの物を切ったらよかったです。

2019126ilm5.jpg


 テープライトを貼ったら反射板の蓋を取り付けて完成です。

2019126ilm6.jpg


 設置場所は玄関の飾り棚の下が丁度のスペースだったのでそこに取り付けました。

2019126ilm7.jpg


 最近のイルミネーションライトの性能と価格にはびっくりします。 使用したLEDテープライトは16色の色が変えれて発光も4パターンでリモコン付きです。 これで何と1,500円程です。ほとんど中国製ですが日本ではこの低価格・高機能は真似できませんね。一昔前は中国が日本の真似をしてたんですが・・・(>_<)

 今の若い人にすれば当たり前かも知れませんが、昔を知っている者にすれば、無線のリモコンと言えば送信器や受信機にはアンテナが有って受信器側には電源を入れたり切ったりするリレーが有ったりしましたが、今は発光ダイオードのテープに線が付いているだけで、どこにそんな高機能なコントローラーが付いているんだろうと疑問に思ったりします。 以前は技術や原理を知ろうと思う気力がありましたが、もう頭が追い付かないので解らないことでも そういう物だと素直に受け止めるようにしています。 (-_-;)

2019126ilm8.jpg














つり丹後 魚貝潮汐


 今回は「ぶら丹後」ではなく、「つり丹後」です。

 マリントピア丸ではエサ釣りの要望がまだまだ多いと言うものの、年々 ジギングやタイラバなどルアーフィッシングでのチャーターが増えています。 今日も先週に続き タイラパ便で出撃です。

2019119tr1.jpg

 丹後では釣りは初めてと言う大阪のお客様5名を連れて、先週調子の良かった真鯛ポイントへ直行・・・が、釣り船の数がやたら少ない=釣れてない? 潮も動かず風も無し、これはダメかと思ったけど一流し目からヒット、取り合えずやれやれです。

 それでもやはり予感どおり喰いは渋く、忘れかけたころにポツリです。

2019119tr2.jpg


 さらに ポツリ!

2019119tr3.jpg


 さらに ポッチリ

2019119tr4.jpg


 2匹目ゲットのお客様もあるが、まだ一人釣れてない方が"(-""-)"

2019119tr5.jpg

 天気予報とは裏腹に 海はますます無風ベタ凪に、昼も過ぎて このままドンドン時間が過ぎてはヤバい状態です。

 ポイントへ向かう途中、アマダイが食べたいと話されていたので、マダイに見切りを付けてアマダイポイントへ移動することに。

 アマダイポイントへ移動しても釣れる人は魚が付いていますね~。

2019119tr6.jpg


 そこで釣れない人から提案が、 船長エサ釣りさせてください! 
 いいですよ~。気が済むようにして頂いたら。(-_-;)

 さすがにエサ釣りは確実です。 レンコ鯛を初ヒットです。 続けて2匹目も

 でも、小さい魚が更に小さく見えるのは 何故!

2019119tr7.jpg


 ダブルヒット! ですが、釣ってくださいよ~。真鯛を

2019119tr8.jpg


 ここから何故かアマダイポイントで真鯛が入れ食いモードに

 釣れない人も気を取り直してタイラバで真鯛をケット! やりましたね。(^_-)-☆

2019119tr9.jpg


 その後も真鯛好調 ドンドン釣れます。(^^)/

2019119tr10.jpg


 食べたかった念願のアマダイもゲットです。 これで話していた「甘鯛の松笠揚げ」食べれますね。

2019119tr11.jpg


 遠くに雨雲が掛かりだしたので、よく釣る人が大真鯛を揚げて終了にしました。

2019119tr12.jpg


 出足はどうなる事かと思いましたが、終わってみれば結構釣れていました。(^^)/

 皆さんお疲れ様でした。 m(__)m

2019119tr13.jpg










テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

tag : 釣り

今日は何の日?


 今日は何の日? ハロウィン?  誕生日? 結婚記念日?  ブ~!

2019116k1.jpg

 そうです。今日は丹後のズワイガニ解禁日なんです。

 そこで 雄ガニはとても買えないので、雌のコッペガニを買い、ささやかではありますが旬の味を楽しみました。

2019116k2.jpg


 今日はイタリアン風コッペガニのパスタにしてみました。

 カニをほぐし身を取り出し、殻や細かい部分は出汁を取ります。

2019116k3.jpg


 殻はニンニクを焦がしたオリーブオイルで香りを取り出します。
 
2019116k4.jpg


 茹でたパスタを 白ワインと殻のだし汁で絡め、ほぐした身をトッピングしたら出来上がりです。

 コッペガニ(セコガニ)の味噌や身の風味を損なわず美味しいコッペガニのスパゲッティが出来ました。(^^)/

2019116k5.jpg













夏休み♪


 むーぎわらぁ~帽子は~♫ もう消え~た♪

2019829na1.jpg


 田んぼのカエルは~♫ もう消え~た♪
 
2019829na2.jpg


 ひまわり~♪

2019829na3.jpg


 夕立ち~♪

2019829na4.jpg


 セミの声~♪

2019829na5.jpg


 子供たちの夏休みも終わってしまいました。

 吉田拓郎の「夏休み」を口ずさむと、ほのかに子供の頃の淡い思い出が甦ります。













イネノソラ GOHAN で 昼GOHAN!


 日ヶ谷の花蓮の里の帰りに丁度昼時だったので、最近オープンしたとの情報を聞いた「イネノソラ GOHAN」へ寄ってみました。

2019717ine1.jpg

 伊根町でも僅か7世帯という辺境の地で、古民家をリフォームして食堂をオープンさせたのは大阪から移住をして来られたという若いご夫婦です。 そうとうの覚悟をして来られたとは思いますがぜひ頑張って地域を盛り上げてほしいです。

 メニューは水・木が中華そばの日、金・土・日はワンプレートランチです。

2019717ine2.jpg


 今日は花蓮の里で暑かったので、今月から始められたという冷やし中華を頼みました。

2019717ine3.jpg


 自分でキムチなどをトッピングして頂きます。 あっさりとして暑く食欲の無い時はぴったりでした。

2019717ine4.jpg


 金・土・日のメニューです。 ちなみに月・火は定休日です。

2019717ine5.jpg


 厨房前のカウンター席も入れると25名ほどは十分に座れるスペースです。

2019717ine6.jpg


 昔の作りは風通しが良く、外は暑くても中は心地よい風が抜けて行きます。

2019717ine7.jpg


 場所は伊根町役場から田原を越して本庄へ抜ける途中の湯之山地区です。 家の横には3台ほど車が停めれるスペースがあります。

2019717ine8.jpg


 営業時間は昼間だけの、11:30~153:0分までです。

2019717ine9.jpg


 オーナーは伊根町でシーカヤックのインストラクターもされてるとの事です。

2019717ine10.jpg


 近くを通られた際にはぜひ立ち寄ってみてあげて下さい。(^_^)/





tag : イネノソラ GOHAN

魚は幼いと容姿が変わる



 昨日釣りに行くと25㎝ほどのヨコスジフエトダイに似てるけど明らかに違う 名前の分からない魚が釣れました。

後で調べると特に珍しい魚ではなく、コブダイの幼魚でした。


コブダイ幼魚

 船釣りではコブの出かけた成魚はたまに釣れますが幼魚は見かけません。


(下の画像はwebからお借りしました。)
sコブダイyjimage


 魚は幼魚と成魚では大きく変わり、全く見分けが付かない物がよくあります。 よくあるパターンは幼魚のうちは鮮やかな縞模様を付けているけど、成長するにつれ模様が消えて黒っぽくなるのが多いですが、コブダイの場合はそれに加えて頭のコブと下アゴが張出し、幼魚からは想像できない容姿になります。




 幼魚の写真は私のサイトの「丹後で釣れる魚大図鑑」に収録しておきました。












綾部・君尾山の大トチの木がスゴイ!



 すご~い! この大きさ!!

2019511to1.jpg


 大トチの木がある君尾山は綾部温泉仁王の湯から登った所にあります。

仁王門参道の下の駐車場に車を停めて、光明寺へと登りますが、5月というのに当日は初夏の陽気で、この石段を見ただけでバテバテで戦意喪失です。

2019511to2.jpg


 仁王門
2019511to3.jpg


 仁王さん鉄アレーを持って筋トレ中
2019511to4.jpg


 光明寺
2019511to5.jpg


 光明寺から先の登山道がこの木の様にグルグル回って分かり難かったです。

2019511to6.jpg


 とにかく上へ上へと登ると林道に突き当たりました。遠回りでも林道から来た方が良かったかな?

2019511to7.jpg


 新緑の中の山歩が気持ち良いです。

2019511to8.jpg


 ありました! おおー! これが大トチの木か!

2019511to9.jpg


 大きさが分からないので人物を入れてみました。

長年の風雪に耐えてきた大トチの木の中心部分は朽ち果てて無残な状態ですが、それでもなお強い生命力で生きようとしています。 
 
2019511to10.jpg


 天然のログハウスです。 天井は新緑のサンルーフ

2019511to11.jpg


 窓もあるよ

2019511to12.jpg


 内装もサイケデリックで素敵

2019511to13.jpg


 木という概念を超えた共同生命体です。

2019511to14.jpg


 この横に伸びる巨大な枝を支える力が、空洞の木の何処にあるのか不思議です。

2019511to15.jpg


 あまりもの存在感に、上から下から眺めまくりです。

2019511to16.jpg


 大トチの木越しに見える大カツラの木も迫力があります。 この谷の斜面は環境が良かったのか巨木が沢山あります。

2019511to17.jpg


 これから先、僕より長生きする事は間違いないと思うけど、頑張って生きろよと何度も木肌に触れて大トチの木の森を後にしました。

2019511to18.jpg








綾部・老富「水源の里のシャガ群生」


2019510sg2.jpg


 毎年連休が終わった頃に、綾部市老富町に群生するシャガの花がきれいに咲くので、今年も見に行きました。

2019510sg1.jpg


 ほぼ満開状態で杉林を埋め尽くすシャガの花はすごかったです。

2019510sg10.jpg


 シャガの群生もすごかったのですが、カメラマンの人数もすごかったです。

2019510sg3.jpg


 近くの花を撮るときは問題ありませんが、広範囲に撮ろうと思うと人が居ない時がシャッターチャンスになります。

2019510sg4.jpg


 普通に歩いている人が写真に入るのはそれなりに雰囲気もあっていいのですが、三脚を立てて写真撮ってる人が入るのは、何故か全体の雰囲気が壊れそうで嫌です。 それって僕だけの感覚?

2019510sg5.jpg


 それにしても思うのは、こういった有名になった撮影スポットで多いのが高級一眼レフカメラと三脚を肩に担いで写真を撮る人の多くなった事です。

2019510sg6.jpg


 僕の持っているカメラは超初心者入門用のカメラなので、そういった人に出会うと最初から見下したような顔をされます。 それって僕のひがみ根性です。

2019510sg7.jpg


 カメラの性能は置いといて、何故か綺麗な花や風景を撮っている時は楽しいです。

2019510sg8.jpg


 考えてみれば安上がりな遊びです。 一昔前ならどんな写真が撮れたか確かめるには現像してプリントしなくてはなりませんでした。写真を撮れば金が掛かりましたが今はパソコンがあれば何枚撮ってもタダです。気に入らなければ削除するだけです。

2019510sg9.jpg


 ただ最近は沢山撮り過ぎてどれが良いのか悪いのか分からなくなり、選択に困ってます。

2019510sg11.jpg


 老富へ行く途中気になっていた道路脇の民家のツツジ、帰りに寄ってみました。

2019510sg12.jpg


 レンゲツツジ(オレンジ)
民家の庭先にしては半端ない本数のレンゲツツジで、思わず見入ってしまいます。

2019510sg13.jpg


 キレンゲツツジ
家の人が中入って見て行ったらいいよと言われたので、写真撮らせてもらいました。

2019510sg14.jpg


 おまけ

2019510sg15bb.jpg


 帰り道、白い花をいっぱい咲かす大きな木を見つけたので何の木かと止まってみると、白い藤が木を覆い尽くしていました。
ものすごく良い香りを漂わせていました。止まって見て良かった(^_^)/

2019510sg16bb.jpg











今日は啓蟄! 虫や蛙が冬籠りから出てくる日ですよ



 今日は「啓蛙」、虫や蛙が冬籠りから ・ ・ ・

 え~! 字が違う? 「啓蟄」?

 蛙はお呼びじゃない!?  こりゃまた失礼!

 古っ!

201935in.jpg


 はんぱない成長スピードのインパチェンスです。

201935in1.jpg


 2月の初めころ、室内に入れておいた球根ベゴニアの鉢に種が落ちていたのか、何かの芽が出ていたのは分かっていたのですが、それから10日程するとインパチェンスの葉みたいだったので抜かずに置きました。

それから見る見るうちに大きくなり、早くも花がさいてしまいました。 普通、園芸店でも温室育ちのインパチェンスの出回るのは春の花が終わった5月中旬ですので もうビックリです。

201935in2.jpg


庭では暖冬で雪も少なかったせいかパンジーが花盛りです。

201935in3.jpg

201935in4.jpg


 冬籠りさせていた多肉植物に水をやろうと出してみたらグリーンネックレスに花が咲いていました。

201935in5.jpg


 花といっても観賞に耐えるようなものではありません。

201935in6.jpg


 それでもよく見ると子孫を残すための雄蕊雌蕊があり、人間に見てもらうために咲いているのではありませと言っているようです。

201935in7.jpg








甘鯛、美味しく頂きました。



 昨日釣った甘鯛を松笠揚げとお吸い物で美味しく頂きました。

201933am1.jpg


 頭を落として鱗は取らずに三枚に下ろします。

201933am2.jpg


 粗と頭はお吸い物用に、身は中骨を取り、塩を少々振ります。

201933am3.jpg


 一口大に切り、身に片栗粉を少しまぶし、高温の油で鱗の方からパリッと揚げます。

201933am4.jpg


 シャリッとした鱗の食感とふわっとした身が何とも言えない味わいで、料亭で頂いた みたいで大満足でした。(^_^)/





フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん

血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg . diygardening.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
              


       
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR