ゴロゴロ、ピカピカ、ザーザー、梅雨明け?


 昔から梅雨で雷が鳴るとそろそろ明けるのが近いと言われていますが、天気予報を見るとまだまだ雨マークが並んでいました。(>_<)

201979tu1.jpg


 雨でしっとりもいいけど、ちょっと降り過ぎ!

201979tu2.jpg


 浮き草が茂り過ぎて金魚が何処にいるかも分かりません。

201979tu3.jpg


 猫は濡れるのが嫌いだけどこの子は平気です。

201979tu4.jpg


 水滴を見るとどうしてもカメラを構えてしまいます。

201979tu5.jpg


 そして当然アップで撮ってしまいます。

201979tu6.jpg


 せっかく咲いてくれた花も雨の重みで花首が折れそうです。

201979tu7.jpg


 早く梅雨が明けて欲しい気持ちもありますが、真夏の猛暑も体に堪えるので複雑な気持ちです。 自然の移り変わりに頑張って付いて行くしかありません。









インパチェンスがイイネ


 春先に球根ベゴニアの鉢にインパチェンスが芽吹いていたのは知っていたのですが、そのままにしておいたら寄せ植え状態になってしまいました。(ーー;)
 球根ベゴニアも嫌がる様子も無いのでインパチェンスを引っこ抜かずにそのままにしてあります。

 メリットもあります。 インパチェンスは球根ベゴニアより水切れに敏感で、インパチェンスが萎れてきたら水やりの目安になる(球根ベゴニアは水やりが難しく、やり過ぎると根腐れしやすい)

201978in1.jpg


 気温の上昇とともに至る所から雑草と一緒に芽生えてきますが、それを、そこはダメよとビニールホットに植え替えて少し育成したら立派な花壇の花になり重宝します。

201978in2.jpg


 生育状況の良いのから順番に植えたら夏の花壇が出来ます。

201978in3.jpg


 こちらはホームセンターで買ったものですが、最近のインパチェンスの品種はスゴイです。以前から八重咲きはありましたが、このバラ咲きは大輪でボリュームがあります。

201978in4.jpg


 ピンクの大輪。 まるで寒椿みたいです。

201978in5.jpg


 こちらは中央がニューギニアインパチェンスで、周りは普通種です。 花色も豊富で日当たりの悪い庭でも花を咲かせてくれるのでイイ花です。(^_^)/

201978in6.jpg









植物も人間も冬眠中

2019129t1.jpg


 今年は雪が積もらなくて助かっていますが、スキーなどで遊ぶ人にはがっかりかも知れません。

2019129t2.jpg


 部屋の観葉植物は桜の咲く季節までじっと我慢です。

2019129t3.jpg


 暖かい部屋で過ごせる植物と、凍える外で過ごす植物とえらい違いです。

2019129t4.jpg


 弱いものは保護してもらえますが、強いものは死ぬか生きるか自分で頑張らなければなりません。

2019129t5.jpg


 イチゴの葉が一瞬の陽光に色鮮やかです。 厳しい自然に耐える物はボロボロでも美しいです。

2019129t6.jpg


 昨年秋に、こぼれた種から生えてきたペチュニアです。
冬は持たないだろうと思いながら、一株は鉢に植えて屋根の下に、一株を畑に植えたのですが、どちらも元気に越冬中です。
思ったより寒さに強い植物だという事が分かりました。

2019129t7.jpg


 寒さに強いDNAを持った植物は体内に糖分などを蓄積して凍りにくい体質にして耐えますが、それを諦めて球根や種子で命を繋ぐ植物もあります。

2019129t8.jpg










新年の妄想


 初夢ではありませんが新年の妄想です。

201915gw1.jpg


 現実は丹後の「うらにし」、何時もどんより、晴れたと思えば雨。

201915gw3.jpg


 冷たい雨に打たれてハボタンも寒そう。

201915gw4.jpg


 雪で潰されてもまた起き上がり頑張ります。

201915gw5.jpg


 このまま太陽の降り注ぐ南フランスへ移住出来たら ・ ・ ・

201915gw6.jpg


 新年の妄想でした。

201915gw2.jpg








ブロックガーデン ビフォーアフター


 春に多肉植物の小さな苗を植えたブロックガーデンのその後は?

20181212bg.jpg


 草姿が乱れ、夏の暑さを乗り切れなかったものや、すくすくと成長したものや 色々です。
 
20181210ba1.jpg


 多肉植物は基本的に暑さや乾燥には強いですが、丹後の高温多湿の蒸れには弱いようです。

20181210ba3bb.jpg


 エケベリアやセダム類は大きく育ちましたが、これから雪の中でどれが残るのか心配です。

20181210ba2.jpg


 こちらのセンペルビウムは、植え付けた時は紅葉していましたが、下の様になりました。

20181210ba2bb.jpg


 子供がいっぱい増えて、葉の色も緑色になっています。

20181210ba3.jpg


 同じセンペルビウムですが、こちらの種類は夏の蒸れにやられて、下の様な悲惨な状態に ・ ・ ・

20181210ba4bb.jpg


 親株は枯れて子株だけが何とか生き残りました。 寒さには一番強い種類なので、冬を越せれば年中地植えで行けそうです。

20181210ba4.jpg


 このセダムはすごい繁殖力です。 

20181210ba5.jpg


 どんどん枝を伸ばし、その先で根付いて次の群落を作っています。

20181210ba6.jpg

 植物は動物のように動けないから、環境に合わない所に植えられると死活問題ですね。







ブルーベリーの紅葉


 庭のブルーベリーが綺麗な色で紅葉しています。

20181210bb2.jpg


 ブルーベリーは庭木にはとてもいい素材だと思います。
 
20181210bb1.jpg


 木姿もそれ程大きくもならず、実も楽しめて秋の紅葉も楽しめます。

20181210bb4.jpg


 紅葉も、雪が降っても庭では一番最後まで葉を付けています。

20181210bb5.jpg


 それでも、今の場所に移す前は、色々な種類を植えてみましたがうまくいかず沢山枯らしました。原因はたぶん土壌と日当たりが悪かったのかと思います。ブルーベリーは酸性土壌を好むので、鹿沼土やピートモスのような酸性の物を沢山入れた方が良いです。

20181210bb3.jpg

 残った品種はラビットアイ系のブルーベリーで、ハイブッシュ系のブルーベリーは夏の暑さに弱く枯れてしまいました。
ハイブッシュ系は 丹後では風通しが良く冷涼な場所でないと難しいです。













夏~秋の花を 冬~春の花に模様替えしました。


20181129p1.jpg


 長い事咲き続けてくれたインパチェンスに変えて、これから春にかけて咲いてくれるパンジーを植えました。

20181129p3.jpg


 毎年プランターに植えるメインの花はワンパターンで、夏~秋はインパチェンスとベゴニア、冬~春はパンジーです。

20181129p2.jpg


 色々と植えてみましたが、冬の花は、丹後ではパンジーが一番です。

20181129p4.jpg


 雪の下でも耐えて花を付けてくれるし、春になるとモリモリと元気になり、初夏まで綺麗な花を咲かせてくれます。

 そして何より種類が豊富で、一つ一つの花に表情があり楽しいです。

20181129p6.jpg


 フリルの付いたお姫様みたい!

20181129p5.jpg


 赤い耳をした ウサちゃんみたいですよ。

20181129p7.jpg

 このラビット系は昨年植えたら、花茎が強く花が軽いせいか、雪でも潰されることなく、凛と立って可愛かったのですが、今年はホームセンターで見かけなかったので、わざわざ通販で取り寄せました。










ガーデニングと家庭菜園の境界


20181022aj11a.jpg

 畑とガーデニングスペースの間に花壇のような仕切りを作りました。

 小さな庭でガーデニングと家庭菜園を一緒にしようと欲張ると、どうしても中途半端になります。

 実用本位の家庭菜園と見栄え重視のガーデニンクグを一緒にすると、やっぱり何だこれは!?です。

 まあ、これはこれで、いいか、です。

20181022aj12a.jpg


 境界には株分けしたアジュガと万年草やセダムを植えました。

20181022aj13a.jpg


 アジュガは3年前に我が家に招待したのですが、ここが気に入ったのかドンドン増殖中で、葉っぱもきれいで私もお気に入りです。

20181022aj14a.jpg


 春には紫色のきれいな花を咲かしてくれます。

20181022aj1.jpg











10月といえばハロウィン


 3月といえばひな祭り、5月といえばコイのぼり、7月といえば七夕様、10月といえばハロウィン、というように、すっかり日本の文化に溶け込んだ感があります。

バレンタインはチョコレート、クリスマスはケーキ、と西洋の風習でも積極的に受け入れて、それに便乗して商売しようという事ですが、ハロウィンは何なんですか? カボチャが真っ先に思い浮かびますが、生のカボチャじゃお金になりませんよね。

 ちょっと調べてみたら、コスプレグッズや飾りのハロウィンかぼちゃが良く売れているようです。

 という事で、我が家でもハロウィンカボチャを飾ってみました。 


 ハオルチア
20181018ha1.jpg


 センペルビブム・クレアチン
20181018ha2.jpg


 センペルビブム・トリスティ
20181018ha3.jpg


 陽が透けると紅葉のようにきれい!

20181018ha4.jpg


 球根ベゴニア
 20181018ha5.jpg








お気に入りの一鉢


 丈夫で手間いらず、そして草姿も乱れずと三拍子そろったお気に入りの一鉢がこれです。

2018107sb1.jpg


      盆栽の様な風格がとてもいいです。

     2018107sb2aa.jpg


 とは言え、我が家に来てからまだ3年です。 我が家の30年以上 植え替えもせず生き続けているトックリランからみれば まだまだ新参者ですが、末永く付き合いたいです。

2018107sb2bb.jpg


 ところでこの水晶の石ですが、昔インドに行った時、土産に買ってきた物です。捨てるに捨てれず眠っていた物にがようやく使い道が見つかりました。

 こうして使うと、サボテンも石もどちらも引き立つと思いませんか?(かなりの自己満足)

2018107sb3.jpg








フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん

血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg . diygardening.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
              


       
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR