ガーデンミストスプレー


 連日の猛暑で思いついたのがこれ!

2020818mist1.jpg

 ガーデンミストスプレー、試しにと思い、Amazonの通販で購入してみました。 一番安そうなのを選び、価格送料込みで2,180円でした。 安っス! もちろん中国製です。日本ではこの価格では作れないでしょう。 全長5メートルで、ノズルが6個付いています。おまけに予備のノズルが2個付いていました。


 藤棚に取り付けてみました。
2020818mist2.jpg

 オ~!  思ったより細かいミストです。(^^)/

2020818mist3.jpg

 体感温度はマイナス2~3℃はあります。 ちょっぴりリッチなアウトドアが過ごせそうです。

2020818mist4.jpg








長雨でキノコが生えました(-_-;)

2020716tu1.jpg

 ここ数年、私の住む地域では空梅雨の年が多かったのですが、今年は豪雨こそまだありませんが、しっかり梅雨を実感させられています。 もうかれこれ3週間ほど晴れの日を見てない気がします。植木鉢にキノコが生えましたが、このままでは心にもキノコが生えそうです。

2020716tu2.jpg


 こんな時は綺麗な花を眺めて気分転換です。

2020716tu3.jpg


2020716tu4.jpg


2020716tu5.jpg


2020716tu6.jpg


 気象庁の予報では、ようやく太平洋高気圧の勢力が強くなり、梅雨前線が動き出しそうだとの事です。
近畿地方の梅雨明けの平年値は7月21日です。 梅雨明けに向けていよいよカウントダウンね。(^^)/

でもちょっと待って!、今から思うと、梅雨の時期それほど蒸し暑くもなかったし、むしろ肌寒い日もあり快適だったかも知れません。
夜もぐっすり眠れたしね・・・。

梅雨が明けて、うだるような暑さの真夏になると、いくら晴れても外に出る気もしなくなるから、どっちもどっちですね。(-_-;)

2020716tu7.jpg







人も花壇も夏の装いに衣替え

2020611pn1.jpg


 半年以上花壇で頑張って咲いてくれたパンジーもさすがの暑さに熱中症ぎみで、残念ですが夏の花にバトンタッチです。

 最後に水盤に浮かべて見届けてやりました。💛

2020611pn2.jpg


 毎年ワンパターンですが、冬~春はパンジー、夏~秋はインパチェンスです。

 どちらの花も花期が長く、夏前、冬前の2回植え替えるだけで、年中花を咲かせてくれます。 病害虫に強く、花は見たいけど手間は掛けたくない人にはピッタリの花です。


2020611pn3.jpg


 鉢植えのパンジーはもう少し頑張ってもらいます。

2020611pn4.jpg


 株の状態を見て、見るに堪えないものは植え替えです。日当たりの良い場所にはペチュニアも花期が長くいい花です。

2020611pn5.jpg


  ポーチュラカ、サフィニアなど、バックヤードで出番を待つ植え替え済の花達。

2020611pn6.jpg


 今年はガーデンウォールの横に地植えしていた薔薇の木を撤去しました。💦  毎年ゾウムシがやって来て、そろそろ咲くかな~と楽しみにしていた花首をチュ~と吸われてあえなく萎れてしまいます。なんとか咲いた花もコガネムシの孫みたいなのが花の中を食い荒らし見るも無残な状態になります。
 薔薇の花の管理には殺虫剤などの使用が不可欠の様です。それが出来ないなら綺麗な花を見ることが出来ないと今頃になって悟りました。

 代わりに用意したのがこのブーゲンビレアです。寒さに弱いので地植えは無理ですが、冬は枝を切り詰めて室内で越冬させようと思っています。

2020611pn7.jpg










自粛要請解除されましたがスッキリしない天気です


2020521b1.jpg


 解除されても何故かスッキリ感はなく、晴れやかな気分にはなれません。




 庭の睡蓮鉢にシラサギカヤツリソウを入れてみました。 夏に向けて涼しげな感じとなりました。

2020521b2.jpg







ずぼらガーデニング生活でも すごい植物達


 昨年6月、ホームセンターで買い求め、次々と花を咲かせてくれたサフィニアです。

202057pn1.jpg


 そして晩秋の11月、こぼれ種でもあったのか、鉢の中からひょっこりパンジーが顔を出してきました。

2019925a2.jpg


 寒さに強いパンジーはどんどん大きくなり花を咲かせて冬を越しました。

2019925a3.jpg


 そして5月、一時は寒さで弱っていたサフィニアですが また元気を取り戻し花を付け始めました。
昨年6月に植え付けてからもうすぐ1年になります。植え替えもせず、年中花が楽しめるなんて、ずぼらな人には最高の植物ですね。(#^.^#)

DSC_0002.jpg












stay home で tea time


 初夏のような陽気ですが、家でじっと我慢で tea time

202051tt1.jpg


 藤棚からは心が落ち着く良い香りが漂ってきます。

202051tt2.jpg


 毎年、ゴールデンウイークは孫や娘が戻ってきて、藤棚の下でバーベキューをするのですが、残念ながら今年はコロナによる自粛で帰ってきません。(>_<)

202051tt3.jpg


 パンジーもこの陽気ではそろそろ見納めかな。

202051tt4.jpg


 色々な花が咲き乱れ、爽やかな風の吹く一年で一番良い時に出るなと言われても ・ ・ ・

 都会のマンション暮らしでは本当にストレスが溜まると思い、孫や娘が心配です。

202051tt5.jpg


 
 










stay homeでガーデニング


2020428ta1.jpg


 多肉植物を植え替えたり寄せ植えにしてみました。

2020428ta2.jpg


  庭植えの多肉植物も今は元気に花盛りです。

2020428ta3.jpg


 黄色のマツバボタン
2020428ta4b.jpg


 園芸品種名 砂漠のバラ
2020428ta5b.jpg


 この写真は2年前 ブロックガーデンを作り、育ててみたい多肉植物を構想に沿って植え、大きくなるのを楽しみにしていたのですが、残念ながら現在は下の写真の様な哀れな姿になってしまいました。(>_<)

2020428ta7.jpg


 夏の高温多湿で腐ったものや、冬の寒さで弱ったものやで、いくら他の雑草の侵入を防いでやっても地植えでは管理に限界があり環境に適した強い物だけが生き残ります。

2020428ta6.jpg


 人間は時として、強くて繁殖力の高い物には嫌悪感を示しますが、環境に適して伸び伸びと育った植物はとても美しいと思います。

2020428ta8.jpg


 このマンネングサは一般的な植物が生育する場所では他の植物に競争で負けてしまいますが、自然環境への適応力がとても高く、そのしたたかな生命力に美しさを感じて庭に植えています。(一般的には雑草扱いで庭に植える人はいません)

2020428ta9.jpg


2020428ta10.jpg








藤の花咲きました(^^)/

2020328f1.jpg


 今年は暖冬のせいか早くも藤の花が ・ ・ ・、 あれれ、なんか頭に血が昇りそうですね。(-_-;)

2020328f3.jpg


 ルピナスの別名は「昇り藤」と言うそうですよ。

2020328f2.jpg


 家紋にも「下り藤」と「上がり藤」があるの知ってますか?

2020328f4.jpg




続きを読む

雪は何処へ


 一月も半ばに近づいていますが雪の気配が全くありません。
起きるのが遅かったせいもありますが、朝の気温は11度もありました。 異常気象、々、と言われて久しいですが、これは本当に異常さを実感する年の始まりとなりそうです。

202019g2.jpg


 夏の花、ペチュニアが未だに花を付けているのは驚きです。 ここは何処?南国? 丹後ですよね。(@_@)

202019g1.jpg


 いつもなら雪に埋もれているパンジーですが、春と間違えて花盛りです。

202019g3.jpg

202019g4.jpg

202019g5.jpg

202019g7.jpg

202019g6.jpg

 暖かいだけならありがたいですが、夏の猛暑、異常気象による巨大台風・干ばつ・豪雨など自然災害はごめんです。
















ゴロゴロ、ピカピカ、ザーザー、梅雨明け?


 昔から梅雨で雷が鳴るとそろそろ明けるのが近いと言われていますが、天気予報を見るとまだまだ雨マークが並んでいました。(>_<)

201979tu1.jpg


 雨でしっとりもいいけど、ちょっと降り過ぎ!

201979tu2.jpg


 浮き草が茂り過ぎて金魚が何処にいるかも分かりません。

201979tu3.jpg


 猫は濡れるのが嫌いだけどこの子は平気です。

201979tu4.jpg


 水滴を見るとどうしてもカメラを構えてしまいます。

201979tu5.jpg


 そして当然アップで撮ってしまいます。

201979tu6.jpg


 せっかく咲いてくれた花も雨の重みで花首が折れそうです。

201979tu7.jpg


 早く梅雨が明けて欲しい気持ちもありますが、真夏の猛暑も体に堪えるので複雑な気持ちです。 自然の移り変わりに頑張って付いて行くしかありません。









フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん

血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


マイリンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg . diygardening.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
              


       
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR