箱石浜

2017919h2.jpg


 いつもは綺麗な砂浜が広がる箱石浜ですが、今日は台風の落し物で浜には流木や川から流れ出たゴミで酷い状態です。


2017919h1.jpg


2017919h3.jpg


 箱石浜から久美浜小天橋方向へ歩くと、木で作られた遊歩道があります。


2017919h4.jpg


 砂の上を歩くより格段に楽です。 何と言っても潮風と波の音が心地よくどこまでも歩けます。

 しばらく歩くと ・ ・ ・  もうおしまい?


2017919h5.jpg


 でも地道を歩くとまたありました。


2017919h6.jpg


 どんどん歩くとまた途切れています。


2017919h7.jpg


 上空から見ると、木の遊歩道はまだ先もありそうですが、今日はそんな予定ではなかったのでここまで。

 また別の別の機会に小天橋まで歩いてみたいです。


2017919hh1.jpg


 足元に目をやると、色々な海浜植物の花が咲いていました。


 京丹後市の花 トウテイラン

2017919h8.jpg


 ハマゴウ

2017919h9.jpg


 ハマニガナ

2017919h10.jpg


 ウンラン

2017919h11.jpg


 ハマベノギク

2017919h12.jpg


 ツリガネニンジンの花に似ているけど、よく分かりません。


2017919h13.jpg










スポンサーサイト

丹後縦貫林道

201797tj1.jpg


 久しぶりに縦貫林道の成相線を走ってみました。

 途中見晴らしの良いビュースポットがあり、阿蘇海が一望出来ます。


201797tj2.jpg


 低い雲、その上に高い雲、そして どこまでも続きそうな深い青い空、もう秋ですね。


201797tj3.jpg


 山の木々も秋の装いです。


201797tj4.jpg


 屑(クズ)の花が咲いていました。 凄い繁殖力で他の植物に絡んで覆い尽くして増えますが、何の役にも立たないのでクズと名が付いた分けではありません。古代から食用に、薬用に利用されてきた植物です。


201797tj5.jpg


 赤い珍しい花が、と思って近くで見ると花ではなく果柄の赤い色でした。

 美味しそうな実を付けていましたが、後で調べると、ヨウシュヤマゴボウという植物で有毒で食べれませんでした。

 
201797tj6.jpg


  成相線は途中、成相寺へ下りる道と世屋高原への分岐があります。


           201797tj8.jpg


 成相線開通当時(40年程前)は、この分岐点に「鼓ヶ岳展望所」が整備され、天橋立や阿蘇海が綺麗に見えた記憶があり、もう一度登ってみたかったのですが、生い茂る雑草に阻まれ断念しました。 (>_<)



201797tj7.jpg


 今は登らなくても便利な物があるので、その眺望を撮る事が出来ますね。


201797tj10.jpg


 テレビ塔が見えます。 成相線は今はこのテレビ塔の保守点検のために必要な林道となっています。


201797tj9.jpg


 分岐点から世屋高原へと走ると、途中ビュースポットがあり、眼下に色付いた田んぼとマリントピアリゾートが見え、若狭湾の眺望が広がっていました。


201797tj11.jpg


 スイス村まで走りたかったのですが、世屋高原から先は工事中で通れませんでした。 年中工事中の気がしますが、何時になったら通れるのでしょうか ・ ・ ・











上世屋の棚田

201794st2.jpg


 上世屋の秋の実りの風景です。


201794st3.jpg


 一年で一番豊かさを感じさせる時ですね。


201794st4.jpg


 丹精込めて作られたお米です。


201794st5.jpg


 日の光をいっぱい浴びて キラキラと輝いています。


201794st6.jpg


 日本人の食を支えてきたお米は神々しさを感じさせませんか。


201794st7.jpg


 一粒一粒は小さくても集まれば ・ ・ ・


201794st8.jpg


 こちらは「一本桜」で有名な松尾地区の棚田です。 すばらしい眺めです。


201794st1.jpg










天橋立 大天橋海水浴場

2017830dt2.jpg


 賑わった海水浴場も静けさが戻り、短い夏が終わろうとしています。


2017830dt5.jpg


 大天橋海水浴場は湾内にあるため、大きな波も立たず、小さなお子さんの連れのファミリーに安心な海水浴場です。


2017830dt4.jpg


 余程近くないかぎり丹後の人には馴染みのない海水浴場かも知れません。


2017830dt6.jpg


 私は比較的家が近かったこともあり、小さい頃 海水浴と言えばこの大天橋にやって来ました。

 小学生か中学生の頃か記憶があいまいですが、友達と毎日のように自転車で乗り付け泳いだ記憶があります。


2017830dt1.jpg


 女の子に声を掛けて子供ナンパしたり、潜って小魚やワタリガニなど獲ったり、夏休みは楽しかったな~。


2017830dt3.jpg











海の見える棚田

2017829t4.jpg


 新井の棚田は丹後で一番の お気に入りの棚田です。

 米を作るにはあまりにも効率の悪いこの棚田が維持されているのは奇跡に近いと思います。

 
2017829t5.jpg


 こちらは同じ新井でも穂場整備された棚田です。 (HDRペイント撮影)


2017829t6.jpg


 袖志の棚田


2017829t7.jpg


 「袖志の棚田」は、丹後で屈指の規模の海が見渡せる棚田です。


2017829t8.jpg


 黄金色の棚田と日本海、この時期ならではの絶景です。


2017829t1.jpg


 袖志の棚田は「日本の棚田百選」にも選ばれた美しい棚田です。


2017829t2.jpg


 これから稲刈りで忙しい時期に入りますね。


2017829t3.jpg










フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん


血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
                
検索フォーム
QRコード
QR