函館山のユリ園

 琵琶湖のスキー場で有名な函館山のユリ園へ行ってきました。
ゴンドラで山頂へ上がるとそこはユリの香りが風になってそよぐ花園で、気温も2~3度は低く別天地でした。
h7-23a.jpg

h7-23b.jpg

h7-23c.jpg

h7-23d.jpg

     h7-23f.jpg

h7-23g.jpg

h7-23e.jpg

h7-23h.jpg


スポンサーサイト

新庄の霜降りの滝

 今日は涼を求めて丹後にある滝の一つ、新庄の「霜降りの滝」へ行きました。
例によって近くにあるピザが食べれる店をネットで調べ、まだ行った事の無い「ピザ・ブロス」という網野高校近くの店へ直行が・・・、悪い予感的中。店を閉められてからかなり経つ様子が・・。
仕方なく、いつも利用させて頂く「ホテル・小さな白い花」へ。
マキ窯で焼く本格イタリアンピザはやはり美味しかったです。

 丹後に住んでいながら「霜降りの滝」にはまだ行った事が無かったのですが、KTR網野駅から久美浜方面に少し走ると新庄地区へ、国道分岐点に「霜降り滝」の看板が有りすぐ分かりました。
 細い山道を車で5分程度走ると公衆トイレも付いた駐車場がありました。
車を止めて遊歩道を約5分歩くと、ありました「霜降りの滝」。
 鳥の鳴き声、滝の冷んやりとした空気。癒されました。・・・といってもストレスは溜まってはいませんが。

tk7-9a.jpg

 こんなところで見ると、普段は雑草のカタバミの花も可憐に見えます。
tk7-9d.jpg

 これは珍しい! 葉っぱの上に何やら実の様な物があります。
調べてみるとハナイカダ「花筏」という植物の様です。現在は花が終わり実が葉っぱの上に付いた状態です。下には川が流れており、実が熟し葉が落葉すると、葉が筏の様に実を乗せて遠くへ運ぶということでしょうか。
tk7-9c.jpg


tk7-9b.jpg

ノウゼンカズラが花盛りになりました

 我が家には一般的なノウゼンカズラ(橙色)とアメリカ系のノウゼンカズラ(赤色)をアーチの両端にうえていますが、どちらも病害虫に強く強健で手を掛けなくてもドンドン大きくなり花を咲かせます。
 と言うよりも手を入れないと大きくなり過ぎて困りものです。
それでも炎天下に鮮烈な色の花を咲かすノウゼンカズラは好きな花の一つです。

7-2noa.jpg

 アメリカノウゼンカズラ、北米原産で赤みが強く花型もラッパ状が強い。
7-2nob.jpg

 ノウゼンカズラ、中国原産で古くから日本には伝わっている。
7-2noc.jpg


フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん


血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
                
検索フォーム
QRコード
QR