ユキノシタが咲き始めました

 庭のユキノシタが咲き始めました。
環境が最適地なのか、この庭が出来たたぶん100年位前から何の手入れもしなくても自生しています。
51253.jpg
51254.jpg

 こちらはヒューケラです。同じユキノシタ科の植物ですが、北アメリカ原産の園芸品種です。
ユキノシタと同じ場所に植えたことがありますが、すぐに消えてしまいました。
南側の庭の、藤棚の下ですくすく育っています。
51258.jpg
51257.jpg

 ミニトマトとパブリカの苗を定植しました。
サラダやちょっとした料理にとても重宝します。
51260.jpg

スポンサーサイト

イチゴが毎日収穫できます

 雑草のように生えたイチゴが次々と赤らみ毎日収穫出来ます。
1IMG_1192.jpg

 しかし問題が!  害虫です。 イチゴハナゾウムシ?
1DSCF4297.jpg

 こいつは何だ? 農薬は使わないので、手で退治するしかありません。
1DSCF4295.jpg

宝塚・荒牧バラ公園

 宝塚の「荒牧バラ公園」へ行ってきました。
1t-bara3

 満開です!!  しかも入園料無料!!
1t-bara4


1t-bara2


1t-bara5


1t-bara6

 一番のお気に入りは、何とも言えない妖しいグラデェーションと色の変化の「リオ・サンバ」でした。
1t-bara7

 丹後から宝塚まで約1時間半です。入園料無料はありがたいですが、高速料金が往復約7千円、ガソリン代が約5千円のT/L1万2千円は気軽にお出かけ出来ませんね。
1t-bara1

袖志の棚田

 丹後半島のほぼ先端にある「袖志の棚田」を見てきました。
今年も水が張られ、水鏡に映る空と日本海の海の青さが綺麗な風景を作り出しています。
 ここ京丹後市の「袖志の棚田」は、日本の棚田百選にも選ばれています。
5-13so1.jpg

 丹後半島でもう一つ好きな棚田に「新井の棚田」がありますが、こちらはまだ水が張られていませんでした。
 今年はもう稲作りをしないのでしょうか(>_<)、 この狭い土地では労力の割に見合う収穫が無いのは想像がつきます。個人的なわがままですが、昔からの美しい景観をなんとか維持して欲しいものです。
5-13so3.jpg

5-13so2.jpg

 数年前、ここから少し枝を分けてもらい持ち帰った万年草が、今では我が家の庭のあちこちに繁殖して黄色い花を咲かせています。

5-13so4.jpg

永沢寺の牡丹

 花菖蒲で有名な永沢寺ですが、この時期ボタンが綺麗に咲いています。
b1163.jpg

 ボタンは美人の代名詞、雨から守ってあげたくなるほど大切な花のようです。
b4219.jpg

ボタンは中国から遣唐使によってもたらされたと推定されています。
楊貴妃と玄宗のロマンスを彩るドラマチックな花ですね。
b1152.jpg


b1153.jpg


b1175.jpg


b4211.jpg

 牡丹は華やかで本当に綺麗な花ですね。
b4216.jpg

 6月には花菖蒲も綺麗に咲きます。
300syoubu617sv11.jpg
       >>花菖蒲園お出かけブログ<<




フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん


血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
                
検索フォーム
QRコード
QR