フィレンツェの象徴 ドゥオーモ

イタリアに興味のある人ならこの写真を見るとフィレンツェと分かるほど有名なドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)です。

2016611fr1a.jpg


ローマからフィレンツェに来ると雰囲気が変わり、ローマは古代の、といった感じですが、フィレンツェは中世の、と言った感じになります。

2016611fr3a.jpg


フィレンツェでも高い場所と言えば、ドゥオーモの最上階クーポラですが、ここはその横にそびえる「ジョットの鐘楼」に登り、絵になるドゥオーモを見ることにしました。

2016611fr4a.jpg


 ジョットの鐘楼。 高さ84m、エレベーターなどは無く、徒歩で登ります。

   2016611fr5a.jpg


ページトップのドゥオーモの写真をはじめ、フィレンツェの街も 360°展望出来ます。

2016611fr6a.jpg


ドゥオーモにジョット鐘楼の影が映っています。 この写真では見難いですが、ドゥオーモの最上階クーポラに人が沢山見えます。

   2016611fr7a.jpg


 ドゥオーモの内部です。

2016611fr8a.jpg


   こちらのステンドグラスはサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の物です。

   2016611fr9a.jpg


 フィレンツェでは娘の同級生でイタリア人の夫をもつ、シェコちゃんに会うのも楽しみでした。

 忙しい生活の中、時間をさいて合ってくれて感謝感謝です。
学生がよく利用する図書館にあるカフェで、フィレンツェの話を色々と聞くことが出来ました。

ドゥオーモが見えて爽やかな空気が通り過ぎ、観光客でごった返す場所とは違う、静かな時間が流れていました。

シェコちゃんにはその後、お買いものや飲食での通訳をして頂き、娘へのお土産で皮の手袋も買うことが出来ました。

シェコちゃんはフィレンツェで日本語の教師をするかたわら、観光サイト、「フィレンツェ・イン・タスカ」のブログと、自分の日常生活を綴った「憧れの(?)Italia Firenze生活」をUPしています。 ぜひ覗いて見てあげて下さい。

2016611fr2a.jpg


 フィレンツェと言えばここ!と言うもう一つの観光スポットはベッキオ橋ですね。

2016611fr10a.jpg


 橋の両側には宝石・貴金属店がズラリと並んでいます。
高そうですが、欲しい物があれば20~30%を目標に値引き交渉ですか?

2016611fr11a.jpg


 街を散策しているとイノシシが。 触られまくって鼻がピカピカです。

 何か御利益でもあるのでしょうか?

2016611fr13a.jpg


路上でチョークアートを描く人。 箱の中には数十セントの硬貨しか入ってないようですが、チョーク代が賄えるのでしょうか。

2016611fr14a.jpg


 駅近くの中央市場には美味しそうなイタリアの食べ物がいっぱい並んでいます。
トリュフやバルサミコ酢など、試飲試食もさせてくれて、お土産を買うにはここはジャストな場所でした。

2016611fr12a.jpg

2階にはその食材を利用して食事が出来るようになっており、各店で作っている肉料理、チーズ、フルーツ盛などを買ってきて中央のテーブルで食べれるようになっています。
この日はフィレンツェ名物 Tボーンステーキを食べてみました。すごいボリュームでしたが、思いのほかあっさりしていて、すんなりと胃袋に収まりました。












スポンサーサイト

フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん


血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
                
検索フォーム
QRコード
QR