水の都 ベニス

ナポリからローマ、フィレンツェと北へ向かいベネツィアにやって来ました。

イタリアも日本と同じ北に細長い国ですが、ナポリからベネツィアまでは距離にすれぱ、京都から岩手位だと思います。

2016613be1.jpg


 ベネツィアにも高い場所から街を見渡せる場所があります。
それはサン・マルコ広場にそびえる大鐘楼です。 フィレンツェのジョットの鐘楼と同じ位ですが三角の屋根がある分大鐘楼の方が高く、高さは98mあります。

   2016613be2.jpg

 大鐘楼はエレベーターで上がれるので楽でした。

 展望台からはベネツィアの街が一望出来ます。

2016613be3.jpg


 沖に少し離れて浮かぶのは、ベネツィアグラスの生産地で有名なムラーノ島です。
明日はムラーノ島で、一日たっぷりベネツィアグラスのショッピングです。(お付き合い)

2016613be4.jpg


 サンマルコ広場の前にはサン・ジョルジョマッジョーレ教会が浮かんでいます。

2016613be5.jpg


 ベネツィア一番の観光スポット、サン・マルコ広場です。
 周囲にはオープンカフェが並び、生演奏を聴きながらの食事も出来ます。

2016613be6.jpg


 広場の正面にあるのがサン・マルコ寺院です。

2016613be9.jpg


 サン・マルコ寺院の横にある、ドゥカーレ宮殿の中です。

   2016613be7.jpg

 豪華ですね。

2016613be8.jpg


 ベネツィアで良く目に付いたのは、仮面などを売る露店や土産店です。
仮面舞踏会のカーニバルで町中が盛り上がるのは分かりますが、年中売れるんでしょうか?

2016613be11.jpg


 ベネツィアは鉄道の駅近くのローマ広場までは車が入れますが、他は徒歩か船しか移動手段がありません。
観光スポットが密集しているので、徒歩でも大丈夫ですが、運河を挟んで目の前でも橋が遠い場合は水上バスを利用すると便利です。
 ここの水上バスをはじめ、イタリア各都市の地下鉄やバスなどの切符は、日本の様に行先の距離に応じた料金ではなく、時間制の料金になっている事が多かったです。
たとえばナポリなら、一日券は使い始めた時から24時間、バスや地下鉄、ケーブルカーに何回でも乗れます。ローマは少し違い、一日券は買った時が午後1時でもその日の0時までしか有効ではありません。

2016613be10.jpg


 水上バスでやって来たのはムラーノ島です。
ベネツィアグラスで有名な島で、ファクトリーやガラス製品の販売店が至る所にあります。

2016613be17.jpg


 ベネツィア本島と比べると、観光客は少なく、静かな趣きがあります。

2016613be13.jpg


 街路樹に桑の実?

葉っぱが日本の桑とちょっと違いますが、ホテルの朝食にも出ていた同じ物で、桑の実のような まろやかな味でした。

2016613be12.jpg


 サント・ステファノ広場の巨大なガラスのオブジェ。

2016613be14.jpg


 ピカピカに磨かれた木製のモーターボートがよく走っていました。

2016613be15.jpg


 駆け足での紹介でしたが、機中泊を除く8泊9日の旅はあっという間に過ぎてしまいました。

2016613be16.jpg

機中泊で思い出しましたが、利用したのは直行便で12時間と早く、安いこともあり、アリタリア航空だったのですが、座席が狭くシートのヘッドレストが異様に前に飛び出し、少し座席を倒した位では、常に頭が前に押された感じでリラックス出来ず、最悪でした。同じアリタリア航空でも国内便の方が、よほど座席の心地が良かったです。












スポンサーサイト

フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん


血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
                
検索フォーム
QRコード
QR