愛の洞窟 山陰ジュラシックパーク!?


 京丹後市犬ヶ崎に、誰が名付けたか「愛の洞窟」があるらしいので探索してみました。

 その洞窟の入口にはハート型の模様が刻まれているらしい ・ ・ ・ もしかして愛が芽生えるかも。

2018731a1.jpg


 さっそく竹野海水浴場からシーカヤックで漕ぎ出しました。

2018731a2.jpg


 漕ぎ出してしばらくすると、正面に屏風岩が見えてきました。

2018731a3.jpg


 屏風岩は帰りに寄る事にして先へ進むと、縦に割れた2個の洞窟が見えてきました。

2018731a4.jpg


 中へ入ってみましたが、どんどん狭くなり真っ暗で先へ進めなくなり引き返しました。

2018731a5.jpg


 さらに「犬ヶ崎」へ向けてパドリングします。

2018731a6.jpg


 洞窟がありましたがハートの紋章はありません。中は余り広くはありませんでした。

2018731a7.jpg


 岬を回り込むようにパドリングします。

2018731a8.jpg


 回り込むと洞窟が現れました。

2018731a9.jpg


 有りました! 愛の紋章!

2018731a10.jpg


 洞窟の中はどんどん狭くなり、真っ暗なので懐中電灯を点けて進みましたが 先へ行けないほどの狭さになったので引き返しました。

2018731a11.jpg


 愛の洞窟 ・ ・ ・

 残念ながら一人だったでか、何もありませんでした。

2018731a12.jpg


 せっかくここまで来たので、犬ヶ崎をもう少し探索します。

 この犬ヶ崎、私にはどう見てもイヌには見えないのですが、ある人が言うには、左の小さい岩がイヌで、岬の大きな山が人で、全体として人が犬を連れているように見える事から「犬ヶ崎」と名付けられたとか?

2018731a13.jpg


 岬と岩の間を抜けると、犬ヶ崎遊歩道終点の東小屋が見えてきました。

2018731a14.jpg


 犬ヶ崎で折り返し屏風岩へ向かいます。

2018731a15.jpg


 展望台からはよく見る屏風岩ですが、海の上からは初めてです。

2018731a16.jpg


 底が危ないかなと思いましたが、何とか通れそうなので慎重に進みました。

2018731a17.jpg


 間近で見るとすごい迫力です。

2018731a18.jpg


 海の透明度も素晴らしい!!

2018731a19.jpg


 屏風岩を少し進んだ所に小さなビーチを見つけたので小休止です。

2018731a20.jpg


 最高のビーチです!!  どこか別世界に漂着したみたい!

2018731a21.jpg


 こういった入り江は案外吹き溜まりで漂流ゴミの山になるのですが、ゴミ一つありません。 誰か掃除したの??

2018731a22.jpg


 それにしてもこの地層がすごい!  恐竜が生きていた時代(何の根拠もありません。勝手に言わせて下さい)からの堆積した地層が隆起して、今ここにあると思うと 地球が誕生してからの一瞬に今自分が生きている事を感じさせてくれます。

2018731a23.jpg


 恐竜の歯の様な岩。  さすがにここは山陰ジュラシックパークです。! 恐竜が出て来ても不思議はありません。

 えっ!  違います? 山陰ジオパークでした? (ーー;)

2018731a25.jpg


 ここに こうして一人でいると、ここは本当に丹後? という気持ちになって来ます。
 
2018731a24.jpg


 愛の洞窟探検。 今回は自然から大きな愛を頂きました。(^_^)/

2018731a26.jpg









関連記事

フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん

血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg . diygardening.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
              


       
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR