絶景の青葉山は松尾寺に続く道


 お~! 絶景だ-!!

2018920ao1.jpg


 近くにありながらまだ登った事の無い山「青葉山」、想像以上に素晴らしい山でした。

2018920ao1abc.jpg

 登山ルートは、松尾寺から青葉山西峰を目指し、さらに東峰を通り高浜の中山寺方面へ下山、途中の分岐で高野方面へ入り下山します。あとは一般道を歩き、車を停めた松尾寺まで戻りました。
 朝10時に松尾寺の登山口を出発、1時間で登れる西峰ですが、道草が過ぎたのか到着した時はお昼でした。その後も写真撮影で足が止まり、松尾寺に帰ったのはPM4時頃となりました。歩いた距離は約8キロメートルです。

2018920ao2.jpg

 松尾寺は、西国霊場の第29番札所で、馬頭観音を本尊としており、毎年5月に行われる府の無形文化財「仏舞」で有名な寺です。
 登山道入口は本堂の裏手にあり、「青葉山は松尾寺に続く道」との案内板があります。

2018920ao3.jpg

 登山口から青葉山西峰まで約1.8Km、途中ハシゴ場もあります。

2018920ao4.jpg

 雨降りが続いたせいか、至る所でキノコがニョキニョキ。

2018920ao5.jpg

 フジウスタケ
2018920ao6.jpg

 タマゴタケ
2018920ao7.jpg

 タマゴタケ
2018920ao8.jpg

 色々な種類があり写真に収めて帰ってから調べてみたのですが、よほど特徴のあるキノコはべつとして、特徴の無いものは皆同じに見えて見分けが付きません。

2018920ao9.jpg

 傘が閉じた時と開いた時では、同じ物でも違う種類に見えたり、キノコは本当に難しいです。

2018920ao10a.jpg

2018920ao11a.jpg

2018920ao12a.jpg


全ての岩に神が宿ってそうなパワーが感じられます。

2018920ao13.jpg

 かなり開けて来ました。頂上が間近です。

2018920ao14.jpg


  素晴らしい眺望です。 眼下には、今寺と高野が、そして遠くには高浜の町並みが続いています。

2018920ao15.jpg

 西峰ではキアゲハがお出迎えです。

2018920ao16.jpg

 周囲をヒラヒラと舞い、いかにもモデルさんになってくれそうな素振りを見せるのですが、いざカメラを構えると飛んで行きます。

 諦めかけるとまた飛んできて焦らせてくれます。
 
 キノコはそんな意地悪しなかったぞ! <`ヘ´>

2018920ao17.jpg


 神社の裏にある大きな巨岩が西峰山頂です。 ロッククライミングのようにロープを頼りに登ります。

2018920ao18.jpg


 お疲れ様でした。青葉山西峰山頂です。

 これまたすごい場所です。 岩が手すりのようになっていますが、この向こうは絶壁でした。 この岩の上に立ってみたのですが、下半身がわなわなと震えて来て速攻でしゃがんでしまいました。

 何があっても自己責任ですが、これは本当に危険です。

2018920ao19.jpg


 眼下には内浦湾が箱庭のように見えます。

2018920ao20.jpg


 次に目指す東峰です。

 青葉山は双峰の山でラクダのコブのようになっています。西峰は692m、東峰は693m、わずか1mの差です。

2018920ao21.jpg


       西峰と東峰の間にある、泰澄大師の修行場だったとされる「大師洞」を抜けて進みます。

      2018920ao24bb.jpg


 かなり難易度の高い登山道が続きます。

2018920ao25.jpg


 眼下には今寺の集落が見えます。

2018920ao26.jpg


 西峰の稜線越には舞鶴湾が湖のように見えます。
 
2018920ao27.jpg

 お疲れ様でした。 東峰山頂です。

 東峰には青葉神社と休憩所はありますが、眺望はよくありません。

2018920ao28.jpg


 東峰から少し下った所にある「馬の背」と呼ばれる岩場。 ここもあまり歩きたくない所です。

2018920ao29.jpg


 「馬の背」から更に下ると展望の良い場所があり、夏場・海水浴で賑わう高浜のビーチが一望できます。

2018920ao30.jpg


 ここから先は分岐点で高野方面へ折れ、ただひたすら山を降ります。

 このルートはあまり人が通らないのか、かなり荒れた登山道でした。

2018920ao31.jpg


 いま登って来た青葉山を横に見ながら松尾寺を目指し一般道を歩きます。

 青葉山は高浜方面から見ると、西峰と東峰が重なり、海にすそ野を広げた富士山の様に見える事から「若狭富士」ともよばれますが、宮津方面から見ると二つに分かれて見えるので「双葉山」とも呼ばれます。

2018920ao33.jpg


 いつの間にか彼岸花の咲く季節になっていました。

2018920ao32.jpg









関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん

血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg . diygardening.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
              


       
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR