丹後町の城嶋公園



 丹後町間人の西端には、周囲4kmほどの小さな島があります。

 島の名前は城嶋で、名前のとおり、昔この地域を治めていた荒井氏という武将の居城がありました。


201745s1.jpg


 島は しろしま橋でつながっており、島内は公園になっています。


201745s2.jpg


 島の北・西岸には広い波食台があり、磯釣りや磯遊びのポイントとして人気があります。


201745s3.jpg


 島の小高い丘には丸い池が築かれ、中に弁財天が鎮座しています。


201745s4.jpg


 弁財天の横には鯛の石像もあります。 さすがに漁業の町ですね。


201745s6.jpg


 丘を下ると磯場に出ます。


201745s7.jpg


 凝灰岩や火砕岩などから成る荒々しい岩肌が広がります。



201745s8.jpg


 島へのエントランス「しろしまばし」、その先にあるのは「三嶋神社」です。


201745s5.jpg









ハマダイコン



 畑の大根が逃げ出し野生化したのが浜大根と言われています。


201744ha1.jpg


 が ・ ・ ・ 近年、ハマダイコンの多くは栽培種の野生化したものではなく、古い時代に栽培種とは別に大陸から渡来したとされる説もあります。


201744ha2.jpg


 また、大根ではなく、小根のようです。

 根はあまり太くはならず、小さいようです。食べた人の話では激辛ですが、慣れると普通の大根が物足りりないそうです。


201744ha3.jpg


 大根が野生化したものなら、畑で育てれば根が太くなるのでしょうか?


201744ha4.jpg


 食べる話は別として、潮風に揺れるハマダイコンの花は綺麗です。


201744ha5.jpg


 今日は春本番、気温もグングン上がり、ハマダイコンの花に囲まれて気持ちの良い一日が過ごせました。


201744ha6.jpg


 丹後ではようやく山桜が咲き始めたところです。

 ソメイヨシノの蕾はまだ固いので、今年はかなり遅れて4月12日くらいが満開でしょうか。







オオイヌノフグリ



 オオイヌノフグリは、春一番に田んぼの畦などにブルーの可愛らしい花を咲かせます。

2017325o3.jpg


 フグリは犬の陰嚢のことで、実の形が似ていることから付いた名前ですが、雑草の実などは注意して見る事はないので、
目立つ花を見て名前を付けて欲しかったです。

 オオイヌノフグリほど、花のイメージと名前が似合わない花はないと思います。


2017325o2.jpg


 別名を、瑠璃唐草、天人唐草、星の瞳、と言うそうですが、皆様ならどの名前を付けてあげますか?

 私は「瑠璃唐草」が似合うと思います。


2017325o1.jpg









ねこやなぎ



 花が咲いた姿は、何か毛虫のように見えます。


2017321u1.jpg


 こうして見るとチューリップの花のようにも見えます。



2017321u2.jpg


 遠目には目立ちませんが、マクロで見ると結構きれいですね。


2017321u3.jpg


2017321u4.jpg


2017321u5.jpg


 フサフサの毛が、猫の尻尾のようなので、ねこやなぎと名が付いたのは分かるのですが、木の雰囲気は風になびく柳を感じさせません。


2017321u6.jpg








蕗の薹



 久しぶりに世屋高原へ上がってみました。

 季節はまだ冬でした。

2017319s1.jpg


 それでも確実に春に向かって季節は流れています。


2017319s2.jpg


 ふきのとうが冬枯れの地面に真っ先に色を添えます。


2017319s3.jpg


 押し合いへし合い。

 私が一番に咲くのよ!


2017319s4.jpg








フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん


血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
                
検索フォーム
QRコード
QR