大成古墳

2017428on2.jpg


 丹後町に来ると必ず立ち寄るのが大成古墳です。


2017428on1.jpg


 人もほとんどなく、のんびり出来るお気に入りスポットです。


2017428on3.jpg


 この時期ハマダイコンなどの花が咲き乱れ、お花畑と日本海の眺望が何とも言えないくらい素晴らしいです。


2017428on4.jpg


 ここに来ると何故か気分がスッキリします。


2017428on5.jpg


 人混みで溢れた花の名所に行くならこちらを選びますね。


2017428on6.jpg


 御座でも敷いて、お弁当を食べて昼寝をしたら気持ちいいですよ、きっと。


2017428on9.jpg


 大成古墳から浜へ下りると立岩へ散策することもできます。


2017428on7.jpg


 展望デッキからの眺めは遮る物の無い日本海が広がります。


2017428on10.jpg


 今日も気持ちの良い時間を過ごせました。


2017428on8.jpg











成相寺のシャクナゲの花

2017427na1.jpg


 西国28番札所として有名な成相寺は、4月下旬から5月中旬にかけて、境内にあるシャクナゲが綺麗な花を咲かせます。


2017427na2.jpg


 シャクナゲは高山植物で、冷涼な木陰のような場所を好むので、お寺の境内のような場所はぴったりかも知れません。


2017427na3.jpg


 薄い花びらが木漏れ日を浴びると とても綺麗です。


2017427na4.jpg


シャクナゲは「花木の王様」とも言われ、下に垂れる葉が花を一層際立たせて、なんとも言えない気品を感じさせますね。


2017427na5.jpg


2017427na6.jpg


 成相寺の有名な左甚五郎作の「真向の龍」です。


2017427na7.jpg


 成相寺の本尊は身代わり観音、美人観音として名高い「聖観世音菩薩」が祀られています。



2017427na8.jpg


 境内は今の時期 ヤマブキの花も綺麗です。


2017427na9.jpg


 シャガの花も咲いています。


2017427na10.jpg


 参道わきに建つ「撞かずの鐘」の御堂。 悲しい悲話が伝えられています。


2017427na10b.jpg


2017427na11.jpg


 まだ蕾も多かったので、あとしばらくは花が楽しめそうですよ。


2017427na12.jpg









雲岩公園のツツジ



  与謝野町岩屋にある雲岩公園は、丹後では屈指のミツバツツジの名所です。


2017422un5.jpg


 雲岩公園の小高い山の頂上には、雲岩(くもいわ)と呼ばれる巨大な岩とその前には東小屋が建てられています。


2017422un1.jpg


 雲岩は、文殊菩薩を警護する毘沙門天が乗ってきた雲が岩になったという伝説も残されています。
 

2017422un7.jpg


2017422un2.jpg


 頂上の開けた場所には東小屋があり、与謝野町岩屋地区から幾地にかけての町並みが見渡せれます。


2017422un6.jpg


2017422un4.jpg


2017422un3.jpg


 山頂の岩場付近には多数のイワカガミが自生しており、ミツバツツジの咲くころ丁度可愛らしい花を咲かせます。


2017422un8.jpg


2017422un9.jpg


 ふりふりの付いたスカートの様な花がとても可愛いです。


2017422un10.jpg


 イカリソウも見る事が出来ます。


2017422un11.jpg


 雲岩公園はツツジだけではなく、桜も沢山植えられています。

 ソメイヨシノは散っていましたが、ボタンザクラが見ごろを迎えていました。


2017422un12.jpg


 白から薄いピンクのグラデーションが何とも言えないくらい素敵です。


2017422un13.jpg









滝の千年ツバキ



 滝の千年ツバキ祭りも終わり、人の少ない平日をめがけて訪れてみました。
 

2017420tu1.jpg


 今年は裏年との事で、花が少ないとは聞いていましたが、本当に寂しい花数でした。


2017420tu3.jpg


 木が大きいので花が小さく見え、よけいに少なく感じます。


2017420tu2.jpg


 ツバキにサクラのような華やかさを求めても無理で、藪の中でしっとりと咲く雰囲気がお似合いです。


2017420tu4.jpg


 滝の千年ツバキ、推定樹齢1200年、幹回り3.3メートル、高さ約10メートル


2017420tu111.jpg


 日本最古級の巨木です。


2017420tu112.jpg


 帰りに「加悦椿文化資料館」に寄りました。


2017420tu5.jpg


 エントランスホール入口にある、版画家、木村光佑氏の巨大な椿壁画が目を引きます。


2017420tu6.jpg


 椿はやはり茶室がお似合いです。


2017420tu7.jpg


2017420tu8.jpg


 入館料 200円でコーヒー付き。 安 (^_^)/  ツバキの絵が入ったコーヒーカップもおしゃれです。

 おまけに、「茶花の入れ替えが出来てないので ・ ・ ・」、という事で、茶菓子までサービスして頂きました。


2017420tu9.jpg


 資料館に隣接して「日本のツバキ園」があり、全国49市町から寄贈されたツバキが植えられています。


2017420tu11.jpg


 一本の枝から白と深紅の花を咲かせています。


2017420tu12.jpg


 今日も一日、気持ちの良いひと時が過ごせました。


2017420tu10.jpg








松尾の一本桜



 若狭湾をバックに大きく枝を広げる一本の桜。


2017418mt3.jpg


 たった一本の ・ ・ ・ と言うより、たった一本の桜だから絵になるのでしょうか。


2017418mt1.jpg


 人知れず山里に咲く桜。 


2017418mt4.jpg


 と言いたい所ですが、年々知名度が上がり、この時期を見逃すまいと多くの人が訪れます。


2017418mt6.jpg


 道路沿いには車が停まり、田んぼの畦には三脚を立てカメラを構える人で賑わいます。


2017418mt5.jpg


 桜が人を引き付ける力はすごいです。


2017418mt7.jpg


 年々ギャラリーが増えるのは良いのですが、肝心の桜が年々花の数が少なくなっている気がします。


2017418mt2.jpg


 数年前はもっとボリュームがあったと思うのですが、樹勢が弱っていないか心配です。










フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん


血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


リンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
                
検索フォーム
QRコード
QR