今日も彩りサラダ作りました

202064bj2.jpg


 5月上旬に家庭菜園に植えたボリジがグングン大きくなり花を付けたのでサラダに使ってみました。
ボリジは以前、小豆島へ旅行に行った時、オリーブ園で見かけたハーブで、そのスカイブルーの色と端正な花の形に魅かれて、一度は植えてみたいと思っていた花です。
 何に使ったらよいハーブなのか分かりませんが、花はサラダの彩りにも使うとあったので作ってみました。
確かに野菜には青い色はほとんど無いのでアクセントになりました。


202064bj1.jpg







彩よく美味しいサラダ出来ました(^^)/


 5月初旬に家庭菜園に植えたルッコラがグングン大きくなり花が咲いてしまいました。
プロに言わせると、花を咲かせるまで放っておいたらダメやろう!と叱られそうですが、ハマダイコンの花の様でとても可愛いです。 萎びた感じが優しそうで、見てるだけで癒されます。

202062r1.jpg


 いろいろ植えましたが、ルッコラは美味しくて大変気に入っています。同じ時 植えたコリアンダーは少し食べて、→コリャナンダー→カメムシの匂いの様な味がして、口に合わず、食べる気がしないので引っこ抜きました。(-_-;)
 ルッコラはゴマの様な風味で、葉っぱも柔らかく、薹が立っても茎に付いている葉を摘み取り、ベビーリーフのようにして使うと美味しく食べれます。

202062r2.jpg


 ナスタチウムは観賞用にもなるし、葉は少しピリ辛ですが癖も無く美味しいです。花はサラダに彩りを添えてくれます。

202062r3.jpg


 テレビ番組で、新玉ねぎはスライスして水にさらさず、空気に1時間ほどさらすと美味しく食べれると紹介していたので、実践すると確かに美味しくいただけます。

202062r4.jpg


 彩よく美味しいサラダ出来ました。 ルッコラ最高! (#^.^#)

202062r5.jpg










日の目を見ない可哀そうなバラ達

2020528b1.jpg


 京丹後市木津にある、カニ一番のバラ園、コロナで休園中ですが無理を言って見せて頂きました。

2020528b2.jpg


 園内は初夏の陽気に薔薇の香りでむせ返っていました。

2020528b3.jpg


 薔薇にとって一番の見せ時ですが、甲子園を夢見た球児のように見せ場を失い無念だと思います。

2020528b4.jpg


 どうぞその晴れやかな姿を見てやって下さい。

2020528b5.jpg


 美しいものにコメントは不要の様です。

2020528b6.jpg


2020528b7.jpg


2020528b8.jpg


2020528b9.jpg


2020528b10.jpg


2020528b11.jpg


2020528b12.jpg


2020528b13.jpg


 気持ちの良い爽やかな風が行き過ぎてゆきます。

2020528b14b.jpg












旅する蝶 アサギマダラ飛来


 琴引き浜を散策していると、旅する蝶として有名なアサギマダラが砂浜をヒラリヒラリと優雅に舞っていました。

2020528as5.jpg


 お目当てはこのスナビキソウの蜜ですね。

2020528as4bb.jpg


 アサギマダラの雄は性ホルモン分泌のため、ピロリジジンアルカロイドの摂取が必要になり、毒性の強いフジバカマやスナビキソウに飛来します。

2020528as1.jpg


 スナミビキソウは、長い地下茎を砂の中に引いて増えるので、「砂引草」と名付けられています。

2020528as3.jpg


 暖かい越冬地から1000km以上も繁殖地の高原地帯まで旅をするアサギマダラにとって、ピロリジジンアルカロイドの補給のために、スナビキソウは旅の途中に無くてはならない植物のようです。ちなみにメスはそれを必要とせず、アザミなど他の色々な花で吸蜜しているのを見かけます。

2020528as2.jpg












日本古来より神聖視されてきた桐の木

2020525f1.jpg


 桐といえば思い浮かぶのが、高級箪笥などの内枠や燃えにくい事から金庫の内側などに使われる木材のほか、古来から伝統的に神聖な木とされ、家紋や紋章の意匠に用いられていることですね。

 民家の近くや野山でこの時期、藤と同じような色の花を咲かせているのをよく見かけるのですが、成長すると10m以上の高木になるので、近くでどんな花なのか見る機会がなかなかありません。

2020525fj2.jpg


 たまたま林道を散策していると、谷下から林道際に伸びて来てる木があり、じっくり花を観察することが出来ました。

2020525fj3.jpg


 よく見ると蕾もまだ沢山あり、これからまだ次々と花を咲かせそうです。そして花と一緒に昨年の実の殻も付いていました。

2020525fj4.jpg


 家紋と実際の桐の葉。 ちょっとイメージは合いませんが、葉の上に立ち上がる花の雰囲気はありますね。

2020525fj5bb.jpg


 全体として、巫女さんが手にもってクルクルひねりながら鳴らす鈴に似てると思いませんか? やはり古来から神聖な木だったのでしょうか。

2020525fj6.jpg









自粛要請解除されましたがスッキリしない天気です


2020521b1.jpg


 解除されても何故かスッキリ感はなく、晴れやかな気分にはなれません。




 庭の睡蓮鉢にシラサギカヤツリソウを入れてみました。 夏に向けて涼しげな感じとなりました。

2020521b2.jpg







山々は新緑の装いを、田んぼはオタマジャクシの楽園となりました。

2020519s1.jpg


 落葉樹の新緑の盛りは過ぎましたが、海岸付近に多い常緑広葉樹の新芽の展開は今が盛りで、古い葉の深い緑と新芽の黄緑色のコントラストが青空に映えてとても綺麗です。

2020519s2.jpg


 ほとんどの水田の田植えも終わり、水面に雲の流れを映しています。

2020519s3.jpg


 今、マイブームなのがこれ! タイムプラスビデオです。
タイムプラスで見ると雲の流れが面白く、時間の移ろいが心を癒してくれます。



 水田はオタマジャクシの楽園です。

2020519s4.jpg


 足が生え、手が生え、あと一か月もすると、夜な夜なカエルの大合唱が響き渡ります。

2020519s5.jpg









戦いは始まった!


 ワイルドストロベリーのように野生化したイチゴが沢山実を付けだしましたが、空からはヒヨドリが、地からはナメクジが、我先と狙っています。(-_-;)

2020517ic1.jpg


 吊るして、風でクルクル・キラキラと回る防鳥グッズも1日で慣れてしまい、効果は無くなります。

2020517ic3b.jpg


 風で首振るフクロウの置物も同じく一日で慣れてしまいます。ヒヨドリの学習能力は非常に高いです。

2020517ic2b.jpg


 防鳥ネットも上から被せるだけでは、網の隙間から首を突っ込んでかじられてしまいます。(>_<)
面倒でも空間を置いて囲わなくては効果がありません。

2020517ic2.jpg

 ナメクジは誘引剤などを置いて、おびき寄せて処分するしかないです。












丹後半島の山奥にぽつんと天空の水田が!

2020511tk1.jpg


 テレビ番組で「こんな山奥にぽつんと一軒家」とか言う番組があったような記憶がありますが、グーグルマップで丹後半島を見ると、人里離れた山奥に開けた耕作地が目に止まります。





 そこは山奥の畑集落より更に高い位置に有る天空の水田です。

2020511tk3.jpg

 山間の集落は山の斜面に住居があり、その下の開けた場所を耕作地にするのが普通ですが、ここ畑集落は事情が違います。
海辺の日置地区から険しい山道を登ってゆくと山間にひっそりとたたずむ畑集落に着きますが、民家の周囲は僅かばかりの耕作地があるだけです。空から見ない限り、この集落より先は山林があるだけで、広く開けた耕作地があるとは誰も想像がつかないはずです。

 天空の水田は高い位置にありますが、観音名水と呼ばれる水源もあり、周囲の山から湧き出る水などで水田にするにも不自由は無いようです。

2020511tk4.jpg


 観音名水の周囲はキンポウゲのお花畑が広がっていました。
2020511tk7.jpg


 ムラサキサギゴケ
2020511tk8.jpg


 カタバミ
2020511tk9.jpg


 天空の水田からは成相寺へ続く参道があるので歩いてみました。

2020511tk10.jpg


 一部土砂崩れなどで細くなっていますが、ゆったりとした幅の広い林道です。 ところどころ丸太で作ったベンチもあり、若狭湾の眺望が広がります。

2020511tk11.jpg


 タニウズキは今を咲き誇る花で、至る所で咲いていました。
2020511tk12.jpg


 ガマズミ
2020511tk13.jpg


 ヤブデマリ
2020511tk14.jpg


 フジ
2020511tk15.jpg


 ヒメハギ
2020511tk16.jpg


 イワニガナ
2020511tk17.jpg


 色白ですがモンキチョウです
2020511tk18.jpg


 イトトンボ、調べてみましたが、微妙に色柄が違い、種類を同定出来ませんでした。
2020511tk19.jpg


 畑集落・天空の水田からの参道と、成相寺⇔パノラマ展望台への舗装路との合流点まで来ました。

2020511tk20b.jpg


 パノラマ展望台への途中、室町時代までの成相寺本堂跡地があり、「逆スギ」と呼ばれる杉の巨木がありました。
樹高25m、幹回り7.1mの堂々とした風格のある杉でした。

     2020511tk22b.jpg


 旧本堂跡地に有った物が集められたと思われる石塔
2020511tk23.jpg


 パノラマ展望台からの絶景、いつ見ても素晴らしい眺めです。
この後、体力作りのため、さらに上の鼓ヶ岳まで散策してきました。誰一人出会わないでコロナを気にすることはありません。

2020511tk24.jpg










若狭湾を流れる雲が素敵です


 久しぶりに山を歩くとタニウヅキが咲き始め、そこは季節がまたひとつ進んでいました。

202059w1.jpg


 若狭湾を流れる雲が素敵でした。(^^)/   同じ場所でも一期一会で、色々な表情を見せてくれます。



 ツクバネウヅキ
202059w3.jpg


 ガマズミ
202059w4.jpg


 ウワミズザクラ
202059w5.jpg


 足元ではキンポウゲ(ウマノアシガタ)が群生しています。
202059w7.jpg


 ウラシマソウがニョッキリ
202059w8.jpg


 ニリンソウ
202059w10.jpg


 ノアザミ
202059w9.jpg









フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん

血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


マイリンクバナー
km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg . diygardening.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
              


       
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR